婚活をする場合に、一番手っ取り早いのは、結婚相談所に登録をすることです。結婚相談所に登録する人は、極めて結婚に対して前向きな人が多いというのが特徴です。この場合結婚相談所が提供してくれるサービスを利用するだけで費用がかかりますし、それでカップルが誕生しても費用がかかり、婚約をしても費用がかかります。一方で結婚相談所のサービスの場合は利用するだけで費用がかかるということは、カップルが出来なくても、費用がかかります。つまり、結婚相談所で提供するサービスは、どういう結果になろうと、必ず費用がかかるということは知っておきましょう。このように従来の結婚相談所の場合は、極めて日本らしく親切にサービスを提供してくれますが、利用すれば必ず費用がかかるという点は、結婚相談所のデメリットと言われるのは、こういう背景があるからです。

最近の婚活に人気の婚活アプリ

ここ最近は、もう少し気楽に結婚相手を見つけたい、結婚相手を見つけるコストを落としたいという要望もあり、そのニーズに応えて人気が高いのが婚活アプリです。婚活アプリの特徴は結婚相手をスマホで見つけることが出来るというもので、しかも費用も結婚相談所と比べると嘘みたいに安いこともあって、ここ1、2年人気急上昇となっています。ただ、実際のところ、どのくらい費用がかかるのかということがわかりませんよね。そこで人気の高いpairs(ペアーズ)とゼクシー縁結びという2つのアプリに焦点をあてて、概要と費用について検証したいと思います。

pairs(ペアーズ)

まず一押しなのはpairs(ペアーズ)です。累計会員数が300万人、マッチング件数も1500万件を超える、実に実績のあるアプリです。pairs(ペアーズ)はFacebookが運営しているアプリです。結婚相手を見つける場合のフィルタリング機能がしっかりしているので、理想の相手を見つけやすいというのが特徴です。

また、Facebookで運営していることもあり、自分が婚活をしていることを知られてしまうのではないかという心配もありますが、その点もしっかり配慮してあるというところも人気の秘密です。料金は、男性が月額3,480円からで、契約期間が多くなればなるほど月額の負担が安くなります。女性は月額の会費はかかりませんが、男女それぞれオプション契約をした場合には、別途費用がかかります。オプション契約の内容は、
・いいね!を送れる権利が、毎月合計50回分付与される
(レディースオプションに申し込んでいない場合は30回)
・弁護士相談費用サポートが受けられる
・「メッセージ好きのお相手検索」が利用できる
・検索結果の上位に表示される
・送ったメッセージが相手に読まれたかどうかがわかる
などです。費用は女性が2,900円〜(月額)、男性は2,980円〜(月額)です。これ以外にプライベートモードがあり、こちらは男女ともに同額で月額2,480円〜で、これは、自分からいいねした相手とマッチングした相手以外は自分のプロフィールを見ることが出来ません。

ゼクシー縁結び

次におすすめなのが、日本では老舗の結婚雑誌ゼクシーが運営するゼクシー縁結びです。特徴はまず18の質問で価値観の合う相手を見つけてご紹介をするという仕組みがあります。また、活動状況や条件に合わせておすすめの相手を紹介してくれます。そして、他の婚活サービスと違う点は、お見合いコンシュルジュがいるので、デートの日時や場所を調整してくれます。これはいかにも日本発の婚活アプリという感じがしますね。いい意味でおせっかいな仕組みが組み込まれていることも、人気の秘訣です。
ゼクシー縁結びには無料会員と有料会員がありますが、無料会員の場合は殆どコミュニケーション機能がないので、本気で相手を探しているのであれば、有料会員がおすすめです。有料会員メニューはというと、
・お相手とのメッセージのやりとり(無制限)
・「いいね!」できる回数が60回に回復(有料会員登録直後のみ)
・「いいね!」を送れる回数が、毎月60回に増量
・あなたを検索結果の上位に表示
・相手が今もらっている、「いいね!」数がわかる
・一部並び替え機能(「いいね!」の多い順、新着会員順、ログイン順)
・足あとが5件以上見られる
費用は、クレジットカードで申し込んで12ヶ月分の会費を払うと最も安く、金額は2,592円/月(一括 31,104円)です。Apple IDやGoogle playで1ヶ月契約ですと、月額4,980円になります。