近年ニュースで話題になるのはマッチングサイトやアプリで知り合って、事故に巻き込まれるというような事件が起きたりすることです。やはり、元々はお互いに知らない者同士ですし、本当に本人なのかという問題だけでなく、相手が何か悪意を以てマッチングアプリを活用しているということは、ないことではありません。

マッチングアプリで遭遇する可能性が高い危険とは

では、実際にマッチングアプリを利用して、カップルが出来て幸せになっている人たちがいる一方、危険な目にあった人というのが実際にいるのも現状です。具体的にはどういう危険な目にあったのかということですが、

・相手が遊び目的だった(真剣に交際相手を探していなかった或いはセックスだけが目的)

・相手が何かしらの勧誘を目的としていた(宗教や違法ビジネスなど)

・相手が詐欺目的だった

・写真と別人だった

などがあげられます。いわゆる交際を目的としたサービスに関しては、以上の点は必ず付きまとうわけで、実際にそういうトラブルになって事件化したりすることは、テレビのニュースでも報道されますよね。ひどい事件になると、人命が絡んでくる場合もありますので、そうなると運が悪かったでは済まなくなります。そこで、マッチングアプリを活用する上では、そういうことが起きないように事前にいろいろとチェックしておく必要があり、どういうことをチェックしておくべきかどうかという点について、以下ご案内いたします。

マッチングアプリでチェックしておくポイント

マッチングアプリに関しては、大手企業が運営しているアプリは、基本的に安心できます。その理由としては

・無料アプリは要注意

・会員に対しては身分証明書を提出させ本人確認を厳格化しているから

・運営会社の監視体制が整っている

・インターネット異性紹介事業届けを警察に届けている

・通報機能や強制退会機能がある

などです。

最初に無料アプリは使わないほうがいいでしょう。やはり男女間の結びつきというのは経費がどうしてもかかり、無料ということは基本的に無理なのです。例えば、結婚相談所に入会すると、入会金だけでなく、月々の会費、お見合いパーティの参加などのイベント参加費など、それに伴って費用がかかる仕組みになっています。これは結局人が動くということは、その分コストが当然かかるわけです。にもかかわらず無料のアプリがあるというのは、なにかしらの目的があるか、あるいは仕組み自体が基本的に破綻しているということです。お金を払っていないから、文句も言えませんし、アプリ運営側も文句は言わせませんというスタンスです。男女の出会いは、誰かにフォローしてもらわないとなかなか前に進みませんが、そういうものがない以上手を出さないほうが良いでしょう。

本人の確認を厳格化しているということに関しても、男女の出会いのサービスは法律で年齢各人の実施が義務付けられています。そのため、大手企業が運営しているマッチングアプリはすべて、身分確認を必ずしています。例えば、相手が未成年であることを隠してあなたに近づいてきた場合に、もし性的な交渉があった場合には、相手に非があってもあなたには法律的な責任を追求されてしまいます。その点、身分確認をしているマッチングアプリではそういう心配はありません。

また、しっかりしたマッチングアプリは、監視体制がしっかりしているので、悪質ユーザーへの対処やトラブルが起きた場合でもしっかりとしたサポートを受けられます。

あとは法的な手続きとして、男女の出会いサービスを運営する場合には、インターネット異性紹介事業を警察に届けなければなりません。こちらも何かのトラブルがあったときは、警察が出てくるということですので、その点も安心ができますよね。

最後に世の中には色々な人がいますから、自分に合わない人ももちろんいます。そういう人とやり取りをしているとトラブルが起きてしまうので、そういう場合には通報機能があるとそういうユーザーを排除できますので、トラブル対策としても必要な機能になります。